女性は要注意!腎盂炎

腎臓に関して驚く女性

今腎臓の病気として、非常に怖いといわれているのが腎盂炎です。この腎盂炎という病気ですが、タレントの、既に亡くなった飯島愛さんが患っていた病気として有名で、知っている人は知っていると思います。

 

この病気は女性にとても多く女性は要注意とされている病気ですし、主に仕事が忙しかったり、あるいは水商売などの風俗関係に勤めている女性などもかかりやすいといわれています。この腎盂炎ですが、膀胱炎の延長線上にある病気だといわれています。

 

たとえば、なぜ女性がかかりやすいのかと言うと、女性は男性より尿道が短いからだといわれています。さらに、肛門からの距離もこの尿道が近い上、細菌感染などがしやすいといわれています。ですので、女性なら一生に一度はかかりえる病気だとも言われています。

 

膀胱炎の延長線上おこる、この腎盂炎ですが、主に細菌などが原因となっています。こうした細菌などが原因となって、急性腎盂炎になった場合、どういった症状が現れるのかと言うと、まずは、悪寒だったり、ふるえ等が怒ります。さらには、高熱だったり、側腹部から背部にかけての痛みというのが特徴です。食欲不振という症状などもみられますので、まさに腎臓の病気の恐ろしい所は、全身にまで症状が及ぶというところですね。痛みなども酷いので、日常生活も困難となることが多いです。中には、膀胱炎などの症状も出現するというケースもあるそうです。

 

こうした腎盂炎の原因ですが、主に細菌感染が原因となっていますので、やはり清潔にしておくことが必要となります。さらに、特にこの病気にかかりやすいのが冷え性の女性だといわれています。冷え性の女性の場合は、特に気を付けることが大切となります。不摂生な生活を続けていると、身体の抵抗力が落ちますので、こういった細菌などに感染しやすくなってしまいます。免疫力をあげるためにも、規則正しい生活をして、睡眠をしっかりとることが大切となります。

 

<関連記事>

 

TOPページへ